東北の伏見稲荷?知る人ぞ知るパワースポット「萬蔵稲荷神社」

おすすめ観光地 東北編

真っ赤な鳥居が並ぶ「萬蔵稲荷」

 

真っ赤な千本鳥居がずらりと並ぶ光景といえば京都の伏見稲荷。

 

そして、宮城県にある「萬蔵(まんぞう)稲荷神社」も、たくさんの鳥居が並ぶ光景が広がっています。数は伏見稲荷に遠く及びませんが、百数十本並ぶ様子はなかなか壮観。山の中に突然現れるたくさんの真っ赤な鳥居は、ちょっと神秘的でもあります。

 

主祭神は伏見稲荷大社と同じ、宇迦能魂命(うかのみたまのかみ)

 

神社がある場所は、旧羽州街道(奥州山中七ヶ宿街道)沿いの小坂峠で、東北自動車道・国見ICから県道46号線を車で約20~30分程度の距離。宮城県の白石駅からは車で約30分ですから、ちょうど福島との県境近くに位置しています。

 

今回はこの知る人ぞ知る「萬蔵稲荷神社」についてご紹介していきましょう!

スポンサーリンク

萬蔵稲荷神社の由来は?

 

「萬蔵稲荷神社」の創建は不明。その昔、この地で馬を飼っていた熊谷萬蔵という人が、旅の老僧を助け、手厚くもてなします。この老僧、実は稲荷大明神の化身であったそうで、お礼として馬三頭を授かりました。稲荷社はこの馬を売って建てたものです。

 

萬蔵さんは自らも出羽三山で修業し、「大阿闇梨金剛院祐観」の院号を受けました。阿闍梨といえば、命がけの苦行といわれ、達成したのは1300年に2人しかいないとニュースなどで報道されていましたよね?うーん、すごい・・・。

 

萬蔵さんがなくなった後は、遺言により即身仏として奉られ、信者たちから敬意をこめて「萬蔵稲荷様」と呼ばれるようになったそうです。

 

不思議がいっぱい!萬蔵稲荷神社

 

「萬蔵稲荷神社」の鳥居、数を数えると、行きと帰りでは違うといいます。行きは数えるのを忘れました・・・。帰りは娘が数えていましたが122本あったそうです。

 

 

途中折れてる(福島弁でいえばぼっきょれてる)鳥居もあるので、うっかり数え忘れたりして、数が合わないんじゃないの?

 

と、現実主義の私は思うのですが、そこは噂どおり「不思議!」としておきましょう。

 

ちなみに先を歩く夫は、この後、動物(狐?)のような「コココココン・・・」という声を2回聴いたと言います。最初は遠くで、次はすぐ脇で聴こえたそうです。

 

徳を積んでない私(と娘)には何も聞こえませんでしたけどね。

 

 

商売繁盛・縁結びにご利益あり!狐様のお顔が優し気な神社

 

「萬蔵稲荷神社」の祈祷殿

 

鳥居を抜け、まず目に飛び込んでくるのがこの祈祷殿。

 

ところで、お稲荷さんに飾られているお狐様の像って、どの神社もちょっと怖い顔をしていますよね?

 

でもこちらの祈祷殿前に対で飾られている狐様の像は、お顔が優しげです。地域のために尽くした萬蔵さんが建立したからでしょうか。

 

写真向かって右手の狐様の足元には子ぎつねがいて、いままで見たことがないデザインです。ご利益として子宝に恵まれるというのもうなずけます。

 

ここでお参りを済ませた後、娘は国家試験合格祈願の絵馬を奉納しました。

 

拝殿は、祈祷殿手前にある手水舎脇から石段を上がるとあります。うっかりするとスルーしてしまいますので、ご注意を。

 

神社では良縁に恵まれると評判の「縁呼び熊手」が有名だそう。

 

お稲荷様なので、結婚だけじゃなく、よい取引相手、お金の縁も引き寄せてくれるのではないでしょうか。ぜひお参りしてほしい神社です。

 

すごい後日談あり!萬蔵稲荷様のご利益とは?

実は、この萬蔵稲荷に詣でる前、我が家の液晶テレビが突然壊れ、電源が入らなくなりました。ネットで調べると、修理に5万ぐらいかかるとあります。

 

購入して約2年半ですので、メーカー保証はもうありません。絶望・・・。

 

そこで妻(私)は萬蔵稲荷様にお願いします。

 

「液晶テレビ、タダで直せますように!!」

 

そうしたら、なんということでしょう。購入した某大型電気店の5年保証に入っていたことが判明。願い通り、無料で修理できたのです。電源を入れる基盤ごと交換だったので、通常なら5万円ぐらいかかっていも不思議ではありません。

 

すごい、すごいよ、萬蔵稲荷様・・・。

 

皆さん、神様にお願いごとをするときは、限りになく具体的にお願いしましょう。もちろん、自宅の住所、名前もしっかりお伝えすることを忘れずに。

 

 

■「萬蔵稲荷神社」

住所:宮城県白石市小原字馬頭山6
電話:0224-29-2351

アクセス:
・東北自動車道・国見ICもしくは白石ICから車で約20~30分
・JR東北本線「藤田駅」から車で約25分、もしくは「白石駅」から車で約30分

 

 

<萬蔵稲荷神社周辺のおすすめ観光スポット>

 

  • 白石城

仙台藩伊達家の支城として用いられ、明治維新まで伊達家の重臣、片倉氏が代々居住してきました。平成七年に天守閣(三階櫓)が完全復元されています。木造建築で復元された天守としては高さ、広さとも日本最大級。白石城がある益岡公園内には、片岡家ゆかりの品々などを展示する「白石城歴史探訪ミュージアム」、武家屋敷もあります。

 

ホームページ

住所:宮城県白石市益岡町1−16

開館時間:9時~17時(4月~10月)、9時~16時(11月~3月)

※12月28日~31日は休館

入館料:白石城のみ 大人400円・小中高生200円・未就学児は無料

※立体ハイビジョンシアター(白石城歴史探訪ミュージアム3階)、武家屋敷共通入場チケットもあり。

アクセス:

・萬蔵稲荷神社より車で約25分
・東北新幹線「白石蔵王駅」より車で5分
・東北本線「白石駅」より徒歩10分
・東北自動車道・白石ICより約10分

  • 材木岩公園

七ヶ宿ダムの下流にあり、国の天然記念物「材木岩」を一望できる景勝地。材木岩は高さ約65m、幅約100mあり、柱状節理が連なる姿はダイナミックな自然の造形美を感じさせます。公園内にある売店の玉こんにゃくとみそ田楽が絶品です!ソフトクリームは昔ながらのシャリシャリした感じのものでした(まあまあおいしいと夫談)。

住所:白石市小原字上台地内
開館時間:9時~16時30分
※12月1日~翌年2月28日まで休館
入館料:無料
アクセス:
・萬蔵稲荷神社から車で約6分
・東北本線「白石駅」から車で約20分
・東北自動車道白石ICから車で約30分

コメント