沖縄の離島といえば小浜島!おすすめの観光地を写真付きでご紹介

おすすめ観光地 沖縄編

一人旅こそ離島!!ゆったりとした時間が流れる魅力的な島々は一人旅のお勧めスポットです。今回は小浜島です!

 

スポンサーリンク

小浜島へのアクセス


まずは、どんな離島へ行くにしても石垣離島ターミナルから始まります。

例えば、石垣空港からのアクセスでしたら、離島ターミナルまではバスが個人的にはお勧めです。30~45分ほどで到着し、その間もゆっくり石垣の雰囲気を感じることができると思います。

到着後は、まず旅行会社のカウンターがあり、その各会社で扱っているツアーを目にすることができます。当日申し込みもできるようになっていますので、ご自分の行きたい島や、ツアー内容、金額などを確認してカウンターで申し込みしましょう。

ただ、船の時間は決まっていますので、参加したかったツアーは時間が過ぎていた…ということのないように、前もって調べて行くのもひとつの手です。

ツアーの申し込み以外にも、乗船券のみ購入も可能です。ツアーでない場合、日帰りであれば帰りの船の時間を前もってよく確認しておきましょう。帰れなくならないように!

ちなみに、石垣離島ターミナル以外に竹富島や西表島からも本数は少ないですが高速船が出ていますので(要予約です)、そちらにお泊りの際には、一度石垣に戻らなくても小浜島へ向かうことができます。

石垣の離島ターミナルからであれば、直行便で小浜港まで約25~30分で、料金は片道1,220円、往復2,340円です。この料金は原油価格の高騰により、利用される際、多少料金の変動あるかもしれません。

乗船の注意点としては、酔いが心配な方は酔い止めを、そして後ろの方へ座り快適な船旅にしましょう!

 

小浜島といえばちゃらさん

そもそも、小浜島ってどんなところでしょう。

NHKドラマの‘ちゅらさん’をご覧になっていた方はご存知かと思いますが、主人公のご実家のある島です。その場所は、‘こはぐら荘’といって外から見学も可能ですので、ドラマが好きだった方は訪れてみるのもいいですね。

島自体はそれほど大きくありませんが、周囲は約17kmあるので徒歩での周遊は難しいです。

私は、高速船を降りてすぐ近くのレンタル屋さん「結」で自転車をお借りして島巡りを堪能しました。電動バイクもレンタルできます。お店の方から「坂が多いので自転車なら電動だ」というアドバイスを受け、私は電動自転車を選択。手書きのイラストの入った地図も頂き、電動自転車でいざ周遊!すこし行くと長い坂が現れます。これは電動自転車を勧めるわけだと納得の傾斜の大きい坂でした。

ほかの選択肢としては、観光地をめぐる島内観光バスもあり、所要時間は約一時間です。タクシーや路線バスはありませんので、電動自転車・電動バイク・観光バス・レンタカーのどれかを選択して、島内を堪能していきましょう。

小浜島の絶景スポット

①まずはここ!島を360度見渡すことができる‘大岳(うふだき) ’です。

自転車を7、8分ほど走らせると到着します。が、そこから階段を登っていきます。

285段あるとのことで、日頃運動不足の方には結構長く感じる階段かもしれませんが登っている途中も見渡す景色がきれいなので、ここは楽しみながら登りましょう!

登りきった先は、屋根つきの展望台。ここは日陰で、さらに風もよく通るのでとても気持ちが良かったです。ベンチもあるので、座って水分補給でもしながらゆっくり島を眺めましょう。

小浜島は八重山諸島の真ん中にあたるので、この展望台からは石垣島、竹富島、黒島、西表島、鳩間島などが見えます。眼下には、小浜島ののんびりした風景、そして360度広がるコバルトブルーの海。階段を登ったご褒美はこんな絶景です。

(現実に戻ってきたら帰路のための水分補給と紫外線対策はお忘れなく!)


②私が自転車で島巡りをしていて素敵だなと思ったスポット二つ目は‘シュガーロード’です。こちらも、‘ちゅらさん’をご覧だった方にはお馴染みのスポットかもしれません。

(ちなみにわたしは、この道を主人公が自転車で走ったことを知らずに、サトウキビ畑の間を駆け抜けました…。)

このシュガーロードと呼ばれる道は、細い田舎道のような感じで、その両脇にはサトウキビ畑が広がっています。この道は坂道もあるので、下る時には是非その風景や肌に触れる心地よい風を堪能しましょう。長い道を駆け抜ければ、開放感、爽快感で満たされること間違いなしです!

ただ、観光バスも通るとのことなので、その点に注意しながら、サイクリングや写真撮影を楽しんで下さい。


③その他にも、自然のままの美しい‘トゥマールビーチ’や大きなマンタが目印の‘海人公園’、西表島を一望できる‘細崎(くばざき) ’などがあります。

ただ、小浜島の天気は変わりやすいとのことで、私が自転車で周遊している際にもだんだん雲が薄黒くなって小雨が降ってきました。写真を撮りたい方は、海や空がきれいなうちにたくさん撮っておきましょう。天候も考慮して素敵な小浜島巡りにして頂けたらと思います

まとめ

小浜島は、のんびりゆったりした島です。忙しい日常を忘れたい方にはお勧め!

またリゾート地の一面もあるので、大きなリゾートホテルやゴルフも堪能できます。

気分やご予算に合わせて満足のいく小浜島の旅にしてみてくださいね。

コメント