初詣は稲荷神社で決まり!ご利益を得て新たな一年を迎えましょう!

初詣は稲荷神社で決まり!ご利益を得て新たな一年を迎えましょう!おすすめ観光地 関西編

 

稲荷大社の総本宮は京都伏見稲荷大社

通称 お稲荷さん


最近では外国人にも大人気で皆さんご利益を求めて

たくさんの方が足を運んでいます。

伏見稲荷と言えば

一度は見てみたい数千本もの鳥居。

狛犬ではなく狛狐が神社をお守りしている姿。

そんな稲荷神社のご利益を頂ける場所は

京都だけではないんです。

全国に約3万社もあるとされる稲荷神社。

稲荷神社はたくさんのご利益があり

初詣にはぴったりな神社です。

今回は初詣におすすめの神社

稲荷神社を全国からピックアップしてみました。

 

スポンサーリンク

初詣はやっぱり京都の伏見稲荷でご利益を!

全国のお稲荷さん3万社の総本社。初詣の人出は250万人以上。

境内の面積は26万坪(約87万㎡=甲子園球場の約22倍)。

 

初詣は稲荷神社で決まり!ご利益を得て新たな一年を迎えましょう!

 

ご利益:商売繁昌・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達

 

参拝時間 終日参拝可能

アクセス:(住所)京都府京都市伏見区深草藪之内町68

電車では  ・JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩すぐ (京都駅より5分)

・京阪本線 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩5分

市バスでは ・南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分

自動車では ・名神高速道路 京都南インターから 約20分

・阪神高速道路 上鳥羽出口から 約10分

※12月30日~1月5日迄 境内駐車場は閉鎖。

願い事は叶うのか!?おもかる石に聞いてみよう!

奥社奉拝所の右後ろに「おもかる石」という名前の場所があります。

ここの石灯籠の前で願い事をして、燈籠の空輪(頭の丸い石)を持ち上げ、

その時に感じる重さが予想より軽ければ願い事が叶い、

重ければ叶わないかも、というお試し石です。

京都のパワースポットの一つになっているので、一年の運勢を占ってみてはいかがでしょう。

 

 

笠間稲荷で仕事運UPを祈願しよう!

日本三大稲荷の一つで、1360年の歴史を持つ。宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)をお祀りする。初詣の人出は約80万人。

 

ご利益:五穀豊穣、商売繁栄、殖産興業、開運招福、火防(ひぶせ)。

 

参拝時間 午前6:00~日没

アクセス:(住所)茨城県笠間市笠間1番地

電車では  ・JR水戸線 笠間駅下車、徒歩約20分またはタクシー約5分

バスでは  ・かさま観光周遊バス(毎日運行※月曜運休) 笠間稲荷神社前下車

・高速バス(秋葉原発 関東やきものライナー) 笠間稲荷神社入口下車

自動車では ・北関東自動車道 友部IC下車、国道355号経由約15分

・北関東自動車道 笠間西IC下車、国道50号(水戸方面)経由約15分

・常磐自動車道 水戸IC下車、国道50号 経由約20分

駐車場   ① 境内駐車場(無料、25台、大型車不可)

② 地蔵前駐車場(普通車90台、大型車可)神社まで徒歩5分

※時期により有料

大型車は地蔵前駐車場(結城信用金庫向い)へ駐車

 

新しい一年にぜひ笠間焼きの器を!

笠間市は関東の小京都といわれ、街の各所に数多くの史跡・旧跡等があります。また笠間焼の窯元が130もあり、陶芸専門の美術館もあります。お参りの後の散策におすすめです。

 

 

豊川稲荷で狐様に金運のお願いをしよう!

豊川稲荷は正式名を「妙嚴寺」と称する曹洞宗の寺院。鎮守・豐川吒枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)をお祀りしている。豐川吒枳尼眞天が稲穂を担ぎ、白い狐に跨っていることから、「豊川稲荷」が通称として広まった。東海屈指の霊場と呼ばれ、境内の広さは1,272ha(31,151坪)。堂塔伽藍は大小合わせて九十余棟。初詣の人出は約145万人。

 

ご利益: 商売繁盛、立身出世

 

参拝時間 午前5時より午後8時

アクセス:(住所)愛知県豊川市豊川町1番地

電車では  ・JR飯田線 豊川駅下車 徒歩5分

・名鉄豊川線 豊川稲荷駅 徒歩5分。

自動車では   ・東名高速道路「豊川IC」より10分

 

霊狐塚(れいこづか)でご利益を自分で探そう!

白地に赤文字の幟が並んだ道を進んで行くと、人けが少なくなり、異界へとつながるような少し怖いような雰囲気が漂います。800体のお狐様が奉納されていて、一面の御狐様に圧倒されます。大きな岩があり、そこに挟まっている硬貨を見つけてお守りとして持ち帰ると、お金持ちになるという言い伝えがあります。お金持ちになったら、1年後にその何倍かの硬貨を岩の間に押し込んで奉納します。みなさん真剣に取り組みます。

 

おさすり大黒天様から福をいただきましょう!

大黒様を撫でることで、ご利益を頂くことができるそうです。大黒様のお腹は、みんなにさすられてへこんでいました。小槌や俵、袋など触る場所によって福が変わるので

自分のお願いによって触る場所を変えてみましょう。

 

新年にこそ縁切りを!最上稲荷で心機一転!

初詣の混雑を避けるため、大みそかに年賀状が届けられることがテレビで報じられます。正式名は最上稲荷山妙教寺という日蓮宗のお寺。本尊は最上位経王大菩薩(稲荷大明神)。初詣の人出は約60万人。

 

ご利益:五穀豊穣、商売繁盛、開運

 

参拝時間 終日参拝可能

アクセス:(住所)岡山県岡山市北区高松稲荷712

電車では  JR桃太郎線(吉備線)で備中高松駅下車、約2km。タクシーで5分。

JR山駅下車 運動公園口(西口)より約15km。タクシーで20分。

JR岡山駅下車 後楽園口(東口)より中鉄バスで30分 稲荷山下車

自動車では 岡山自動車道 岡山総社ICより約5km、車で10分。

国道180号線を岡山方面へ大鳥居を目標に。

周辺に5000台収容の民間駐車場有り。

境内には身体障がい者駐車場(4台)有り。

飛行機では 岡山空港より約8km。タクシーで10分

 

縁切りして良運をつかむ!開運間違いなし!

縁の末社 (えんのまっしゃ)。縁引天王(えんびきてんのう)と離別天王(りべつてんのう)をお祀りするエリアです。男女の縁だけでなく、仕事など様々な福縁を結ぶ良縁成就、また、人間関係のほか病気や悪癖などの悪縁を絶つ縁切りの両方をお参りして良縁を引き寄せるという、パワーのありそうなスポットです。縁切りの方はあまりよそにはないし、新年に心機一転、新たな気持ちで一歩を踏み出すのにお参りしてみてはいかがでしょう。

 

 

祐徳稲荷神社の奥の院への参拝こそ新年の幕開け!

日本三大稲荷の一つ。漆塗りの豪華絢爛な本殿、神楽殿、楼門は、その美しさから「鎮西日光」と称されている。倉稲魂大神(ウガノミタマノオオカミ:生活全般の神様)、大宮売大神(オオミヤノメノオオカミ:技芸上達あるいは福徳円満の神様)、猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ:交通安全の神様)をお祀りする。境内の博物館に神社ゆかりの宝物がある。初詣の人出は約70万人。

ご利益:商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全

 

参拝時間 終日参拝可能

アクセス:(住所)佐賀県鹿島市古枝下古枝

電車では     J R長崎本線 肥前鹿島駅下車

タクシー(バス) 肥前鹿島駅~祐徳稲荷神社(約10分)

自動車では    長崎自動車道 武雄北方ICまたは嬉野ICより鹿島方面へ30~40分

3,000台収容の無料駐車場有り。

飛行機では    佐賀空港より(約40km) エアポートリムジンタクシー (約50分)

長崎空港より(約35km) タクシー(約1時間)

 

命婦社への道を登って狐様に願い事を伝えてもらおう!

「奥の院命婦社」は、上っていくと次第に道が険しくなり、人影が減って、正に神様のおわします所へ近づくような、辺りの空気が変わるような、異界のような雰囲気が漂います。稲荷大神のお使いである白狐の霊が祀られています。命婦(白狐)は稲荷大神へのお願い事を取り次いでくれるという御利益があります。奥の院の展望所からは、遠く有明海も一望できます。みなさん、ぜひ、奥の院まで足をのばしてみて下さいね。

 

まとめ

いま日本のどこへ行っても、外国人を多く見かけるようになりましたが、京都の伏見稲荷が外国人に大人気と聞いて、我々日本人もうかうかして、外国人にご利益を持っていかれてはならないと思い、全国にある「稲荷神社」を紹介しました。新しい一年の始まりに

狐様にパワーを頂いて、最高な一年にしてはいかがでしょうか?

コメント