関東花火大会ランキング1位の横浜スパークリングトワイライト2018の日程は?場所や打ち上げ数を紹介

おすすめ観光地 関東編

夏といえば花火!!

今年も、もうすぐ暑い季節がやってきますね!もうすでに暑いよって思う方もいるかもしれません笑

そこで、今回ご紹介するのが夏の風物詩の花火についてです。

自分でやる花火も楽しいですが、イベントでやる花火大会は圧倒されますし綺麗ですよね。

女の子や男の子を誘ってデートなんかもいいですよね。

花火を見ながら告白なんてことも・・・

青春ですね笑

そこで、今年2018年の関東花火大会ランキングで1位を獲得した横浜スパークリングトワイライト2018について紹介します。

 

スポンサーリンク

横浜スパークリングトワイライト2018の日程や場所、その他情報

日程:2018年7月14日(土)~15日(日)両日19:30~20:00(イベントは11:30~20:15)

場所:山下公園及びその周辺、公園前海上

アクセス:みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩約3分

打ち上げ数:3000発

荒天の場合:荒天時中止

去年の観客数:約60万人

 

去年はかなりの人数が来ていますので、今年もこれぐらいになると予想できますね。

駅も近いので多くの人でごった返しになると思います。これは注意が必要ですね。

花火が終わったら中華街でご飯を食べてから帰宅というのもアリですね!

8つのスペシャルイベントで1日を楽しもう

この2日間は、午前11:30からイベントが始まります。

1.シーサイドレストラン&バー

2.PR・ファミリーコーナー

3.スパークリングパレード

4.スパークリングステージライブ

5.海難レスキューデモ

6.トワイライトジュエリーポート

7.シップパレード

8.スパークリング花火

 

この8つのイベントが2日間とも行われています。どんなイベントか気になりますよね?

楽しみは本番に取っといて欲しいので、少しだけ説明しますね。

1.シーサイドレストラン&バー

横浜の老舗レストランによる人気のコーナー。午後にはバーコーナーもオープンし、夕暮れ時にはくつろぎの空間を演出。今年も昨年に引き続きアジアの食をテーマにした第2コーナーも設置するそうなので、この機会にアジア料理をご堪能あれ。
時間は両日とも 11:30~20:30

 

2.PR・ファミリーコーナー

消防署、海上保安部等の活動を体験できるPRコーナーや、お子様連れでも楽しめるコーナーを設置。好評の「氷の彫刻」実演による涼しげな空間を楽しめます。
時間は両日とも 11:30~17:00

3.スパークリングパレード

日本と世界との友好をキーワードに民族衣装を纏った世界各国の方と市内から集まったお御輿が華やかなパレードが繰り広げられるので、ぜひ見に行きましょう!
15日 14:00~16:00(14日はありません)

4.スパークリングステージライブ

公園内の石のステージで横浜税関音楽隊、赤い靴合唱団などの親しみやすい音楽が楽しめます。また、夕暮れ時にはジャズバンドの演奏も予定していて、カクテルを片手に落ち着いた雰囲気で楽しみましょう。
時間は両日とも 15:00~19:00

5.海難レスキューデモ

横浜海上保安部、横浜市消防局によるデモンストレーション。消防船による放水、ヘリコプターによる救助活動など見どころ満載でめったに見れない光景を楽しめます。
時間は両日とも 13:00~13:40

6.トワイライトジュエリーポート

イルミネーションに飾られた船が山下公園前海上を彩ります。ライトアップされた氷川丸、マリンタワー、MM地区との光の競演を楽しめますよ。
時間は両日とも 18:50~19:30 20:00~20:15

7.シップパレード

みなとまち「横浜」ならではのパフォーマンスが楽しめます。14日には「横浜港で働く船のパレード」、15日には「シーカヤックパレード」を行います。
時間は両日とも 14:00~15:30

8.スパークリング花火

横浜港氷川丸の汽笛を合図に3,000発の花火が打ち上がります。伝統的な大輪の花火や様々なデザインの創作花火を港の美しい景色とともにお楽しみいただけます。
時間は両日とも 19:30~20:00

 

これだけのイベントがあれば1日遊んで過ごせますね!

 

ぜひ今年の7月14、15日は横浜の中華街の目の前にある山下公園に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

コメント