2018年夏、絶対に一度は行くべきおすすめ国内観光地PART2

夏に行くべき観光地

こんにちは、トラベルブロガーta2yaです。

 

今回は、2018年夏、絶対に一度は行くべきおすすめ国内観光地PART2ということで色々と紹介していきたいとおもいます。

それではいきましょう!

スポンサーリンク

夏の絶景ドライブ、日本の橋ランキング1位「角島大橋」

橋って色んな所にいろんな橋が建っていますよね?

それこそ世界中に建っていますね。

そんな橋なんですが、橋から見る海が絶景過ぎて、日本の橋ランキング1位になった「角島大橋」という橋が山口県にあります。

CMに出たりもして、すごい有名になりましたし、話題もすごかったですね。

世界でも認知され、この橋はどこの国だ?と話題になるほど。

結果、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」でも第3位に選ばれました。

まさかそんな絶景が日本の山口にあるなんて思ってもいないですよね。

 

この橋は、角島に架かる橋なんですが、橋を渡る手前に小さい丘があるんです。

そこから見る景色は本当に最高の景色でまさに絶景です。

見渡す限りのエメラルドグリーンの海を見ることができます。

そこからの景色を楽しんだら、実際に車で橋を渡りましょう。

「角島大橋」は全長1780メートルもある白くて綺麗な橋で、まさにドライブにうってつけ!

もちろん自転車や、徒歩でも渡ることができます。

ただ、道幅は狭いので気を付けてくださいね!

やはり、おすすめは車でのドライブですね。

角島大橋を渡った先にある島内でおすすめなのが、「角島灯台」

白くて美しいこの灯台は、明治9年に初点灯してから現在でも毎日点灯しています。

灯台の中は入ることができて展望台にもなっています。

ただし、有料ですけどね。中学生以上200円です。

5月~9月は9:30~16:30まで

10月~4月は9:00~16:00の営業です。

駐車場も有料ですが1台300円なので絶景を見れるなら安いもんですね。

行く価値しかない「角島大橋」と「角島灯台」

みなさんもぜひ行かれてみてはどうでしょうか?

きっと素晴らしい夏の思い出になること間違いなしですよ?

続いて、奇跡の青さと言われる川「仁淀川」を紹介

高知県内に流れる仁淀川。大阪の淀川とは違いますよ?笑

四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川のひとつ。

透明感が高く、独特の青さを放つこの川は、「仁淀ブルー」と言われています。

ちなみに、かなりの波があるのでサーファーにも大人気の川ですね。

そして、なんと水質調査で日本一になるほどの綺麗な川です。

あまりに透明度が高いので、そこまで見えてしまうほど。

よくテレビで見る「浮いてるみたい」ってやつですね。

そんな川が日本の高知にあるなんって知っていましたか?

知らなかったあなた!ぜひ行きましょう!笑

ちなみに、なんとアクセスが良く高知市から1時間ほどで着きます。

ただ、公共交通機関のアクセスは良くないので、車が必要になるのが欠点ですね。

まあ、高知は広いので行く方はほとんど車だと思いますが・・・。

 

まとめ

今回紹介した、2018年夏、絶対に一度は行くべきおすすめ国内観光地は「角島大橋」と「仁淀川」でした。

どちらも素晴らしい絶景を見れることをお約束します!

行って損はさせません!

今年の夏の予定が未定の方は、ぜひ候補に入れてみることをおすすめします!

 

それでは、今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント