中国の北京へ旅行に行くならツアーがおすすめ!!行くべき観光地とおすすめ中華料理

おすすめ観光地 アジア編

2013年12月に初めて中国の北京へ行きました。HISのツアーでとても安いツアーがあったので「北京へ行こう!」との話しになり行くことに。3泊4日の添乗員付きツアーでホテル代込みの全日程ご飯付き、約4万円の安さでいけました。ホテルも全て綺麗な施設でした。では、巡った観光地やグルメについてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

中国は北京へ

羽田発が早朝便だったので、約3時間のフライトで北京にはお昼頃には到着しました。まずは、北京の旧市街へ行き古い街並みを観光しました。当時PM2.5の値がひどかったので、マスクを着用している写真がほとんどでしたが・・・。笑

その後、北京市内のデパートへ行き、自由時間にカフェでお茶しました。とにかく北京は寒かったので、防寒で過ごしていましたね。

デパートのお手洗いに行ってみると、並んでいる中国人もいましたが、列を気にせずに入っていく人もいたので、やっぱりなぁと思ってしまいました。笑

 

北京での初ディナーは、火鍋でした。冷たくなった体に熱々の火鍋が染みこみ、さっぱりとしていて美味しかったです。火鍋を食べて満腹になった後は、宿泊ホテルへ。ホテルは綺麗でぐっすり眠れました。

 

万里の長城と中国雑技団

朝食は、ホテルのビュッフェでたくさん食べました。和洋中あり、朝から食べ過ぎちゃいましたね。笑

今日は朝から、明の十三陵へ行きました。ここは明時代の皇帝墓地がある場所でした。園内が非常に広く午前中いっぱい観光しました。

ランチは、もちろん中華料理です。チャーハンや肉の炒め物などこってり系の料理がほとんどでしたが、美味しくいただきました。

午後は、万里の頂上へ!!今回の旅で一番楽しみにしていた観光名所です。とにかくながーい坂道が遠くの山の方まで見えました。坂は全て急傾斜。歩いて登るのも容易ではありませんでした。どこまで続いているのかもわからなかったので、見晴らしが良いところまで頑張って歩き、記念写真をたくさん撮り戻ることに。風が冷たかったですが、見晴らしは最高でした。

 

その後、ディナーももちろん中華料理です。味は美味しいのですが、こってり味がさすがに飽きてきてしまいましたね。笑

揚げ焼きそばなど出てきましたが、特にキクラゲの炒めものが美味しかったです。

今日は贅沢に北京ダックもいただけましたよ!!

ディナーの後は、中国雑技団を見に行きました。人間とは思えないような軟体人間がたくさんいて圧巻されちゃいました。ただただ唖然という感じですね。

その後は、ホテルに戻り、近くにあったスーパーへお土産を買いに。

中国といえばコピー商品が多いことで知られていますが。笑

食べ物もコピー商品がたくさんあるように感じました。笑

中国版のコアラのマーチは買ってしまいましたね。笑

 

 

天安門広場と故宮博物館に観光へ

今日も朝はビュッフェでお腹いっぱい食べました。

ツアーは朝から天安門広場へ。観光客で多くにぎわっていました。また、テレビでは見たことありましたが、実際にラジオ体操みたいな健康体操をしている中国人がたくさんいました。

その後は、故宮博物館へ行ったり、景山公園へ行くなど観光名所を巡りました。公園の山頂からは北京市内が一望出来て、ちょっと霞んではいましたが眺めは最高でした。

次にランチです。もちろん中華料理です・・・笑

今回は刀削麺が有名なお店で刀削麺をいただきました。サイドメニューでは、カシュナッツの炒め物が特に美味しかったです!午後も寺院など有名どころを巡りました。

ラストディナーももちろん中華!!!笑

さすがに他の料理が食べたくなりましたね。笑

 

中国に来たらパンダを見ないと

今日は、動物園でパンダを見に行きました!!パンダ以外にもライオンやヒョウなど様々な動物がいました。肝心のパンダはというと、たくさんいるのかと思ったらかろうじて2匹くらいしか見えず、残念でした・・・。

その後は、お土産屋さんで漢方を購入しました。そしてラスト中華料理!!食べ収めと思うと若干さみしくも感じましたが・・・笑

北京発午後の便で羽田へと帰国しました。

 

まとめ

今回は、北京の有名どころを網羅できたツアーだったので大満喫でした。ホテルも綺麗で食事も全てついているのに、コスパがかなり良かったです。飛行機も羽田離発着だったので行き帰りも楽ちんでしたし、最高でしたね。また、同じようなツアーがあったら参加したいなと思います。

 

コメント