京都を観光したいけどあまり歩きたくない方には、下鴨神社エリアがおすすめ!!その理由とは!?

おすすめ観光地 関西編

全国各地の観光地の中で、不動の人気を誇るのは、京都ですよね。

 

「どこに旅行に行こうか?」と、考えた時、行き先として京都を思い浮かべる人は多いと思います。

私も、京都へは、10回ほど旅行しています。

京都観光はしたいけど、たくさん歩くのは苦手な人へのおすすめスポットを紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

河合神社

 

京都駅からバスに乗り、「下鴨神社前バス停」で下車して徒歩10分ほどで、河合神社に着きます。

京都にあるさまざまな寺社の中で、女性に人気なのが、河合神社です。

河合神社は、美容の神様として、女性の信仰を集めています。

もちろん、女性だけでなく、男性の参拝も可能ですよ。

 

境内では、手鏡の形の絵馬を購入する事ができ、そこに描かれている女性の顔に、手持ちの化粧品でお化粧をほどこしてあげて、奉納すると、美にご利益があると言われています。

手持ちの化粧品がない場合には、色鉛筆の貸し出しもしてくれます。

 

こちらに参拝した後は、外見を飾る美しさだけでなく、内面から美しくなりたいなという気持ちになります。

 

 

糺の森を抜けて下鴨神社へ

 

 

河合神社を参拝した後は、そのまま、糺の森を抜けて下鴨神社へ向かいましょう。

この糺の森は、名の通り、森の中の開けた参道を歩いていくので、緑の木々からの癒し効果は抜群です。

時折聞こえる鳥の声も、更に癒し効果を与えてくれます。

そんな参道を進んでいった先に、下鴨神社があります。

下鴨神社は縁結びの神様として人気があります。

こちらの境内には、十二支を7つに振り分けた言社があります。

下鴨神社へ行ったらぜひ、自分の干支の言社を参拝して下さい。

参拝する事によって、自分の干支の神様が、守護してくれるそうです。

 

下鴨神社といえばみたらし団子

 

 

下鴨神社とつながりのあるお菓子といえば、みたらし団子です。

みたらし団子は下鴨神社が発祥の地と言われています。

下鴨神社にある、みたらし池に涌きだす泡を模して作られたのが、みたらし団子です。

 

みたらし団子を食べるなら、下鴨神社の門前にある「加茂みたらし茶屋」がおすすめです。

持ち帰りの他、店内でのイートインも可能です。

こちらのお団子は、一粒一粒は、一般的なお団子よりも小さめで、お上品なサイズ感です。

私はイートインで頂いたのですが、注文すると焼きたてのお団子を、温かいタレにつけて提供してくれるので、出来立てアツアツのお団子を頂く事ができます。

お団子自体は米粉でできているので、あっさりと食べられ、焼いた焦げ目と温かく甘じょっぱいタレの相性はピッタリで、3本セットのお団子はペロリと完食してしまいました。

その後、地元でみたらし団子を食べる度に、こちらのみたらし団子が恋しくなってしまうほどの美味しさなので、是非、お店に寄って食べてみてほしいです。

 

 

まとめ

 

今回、紹介したスポットは、下鴨神社エリアに集まっているので、京都駅から、バスで下鴨神社へ向かってもらえば、それほど歩かずに、全て巡る事ができます。

こんな近い範囲の中で、美容や縁結びのパワーに触れられ、更に美味しいみたらし団子も食べる事ができるなんて最高ですよね。

ぜひ、多くの人達に訪れてみてほしいです。

コメント