古都鎌倉を巡る女子旅おすすめスポット

おすすめ観光地 関東編

関東を代表とする観光地である鎌倉。

そんな鎌倉を今回は数か所ピックアップし、思い出とともにご紹介していこうと思います。

更に今回は、女性向けに書いた女子旅です!

女性だけでも楽しめるスポットに注目してみました!

 

スポンサーリンク

報国寺にある竹林を歩こう

都心から電車で揺られ、鎌倉駅に着くと、多くの観光客がお出迎えしてくれる鎌倉。

そんな駅からバスで揺られること約10分。

 

初夏に訪れると新緑の青々とした景色が広がり、報国寺を代表する竹林が見えてきました。

 

竹林から抜けてくる風は暑さも和らぐような清々しさで、日々の疲れもそれだけで癒されるような気持ち。

 

報国寺では竹林の中を歩けるようになっており、空を見上げるとキラキラと太陽の光が竹林に入ってきて幻想的な世界で目を奪われました。そんな光や竹林の風の音を感じながら、茶寮で頂くお抹茶はまた美味しさも人一倍で、友人とついつい話が盛り上がります。

 

お抹茶を頂き、本堂では今回の旅が楽しめるようにお参りをしてこれからの観光に気持ちが高まりました。

 

鎌倉の代表、鶴岡八幡宮

報国寺からバスで鎌倉駅に戻ってくるものいいかもしれませんが、たまには歩いてみるのもオススメで、歩いていると意外と美味しいお菓子のお店に出会ったり、可愛い雑貨屋さんを見つけたり。

 

そんな出会いがありました。

友人と話しながら歩いていたらあっという間に鶴岡八幡宮に到着です。

 

広い敷地には屋台も出ていたりして、ここでちょっと遊んでみるのも楽しいかなという事で金魚すくいに挑戦。久しぶりにやる金魚すくいはやっぱり難しく、それでも一匹すくうことができたのですが、今回はお持ち帰りすることなく、金魚すくいだけを楽しむ形で終了。

 

鶴岡八幡宮を前にして写真を撮ったり、屋台の焼きそばやお好み焼きを買って食べたり、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

小町通りから由比ヶ浜へ

鶴岡八幡宮から鎌倉駅へ向かいます。小町通りでは様々なお店が軒を連ね、和雑貨のお店やお土産を見たり、お団子を買ってみんなで食べたり、そんな歩きながらいろいろ見たり食べたりできるのが鎌倉の魅力でした。

 

鎌倉に来たなら、海も行かないと!ということで、鎌倉駅から江ノ電に乗車。

 

由比ヶ浜に到着です。江ノ電から見える景色はまた情緒たっぷりで、鎌倉に来たな~と実感。

海が見えるカフェに入り、友人とワインを一杯。海で泳ぐ人を見ながら、たわいもない話をするだけでも気持ちはウキウキ楽しくて、お酒も入っているため、終始笑顔も絶えません。

 

カフェを出て海へ。ビールをコンビニで購入し、浜辺で座ってのんびり過ごす時間も至福です。夕方に差し掛かり、夕日のオレンジ色が濃くなっていけばいくほど海もキラキラと光りが眩しくなって、日々の疲れはどこへいったのかなというくらい癒される時間でした。波の音も友達と砂浜に書く落書きもすべて素敵な思い出です。

 

日が落ちる前に鎌倉駅へ戻り、帰路に。帰りの電車の中では今日撮った写真を見返したり、「すごい楽しかったね」と行きの電車とはまた違った和やかな雰囲気で話ができたり。とまた違う場所へ旅行する計画も立てつつ・・・こんな素敵な旅を満喫することができました。

 

まとめ

都心から約1時間でいける鎌倉、友人と時間が合った日は少し遠出してお出かけするのにピッタリな場所です。

 

鎌倉にはもっと多くの観光スポットがありますが、今回は新緑の竹林の空気を味わったり、夏をちょっと楽しむ金魚すくいをしたり、海でゆったりとした時間を過ごしたり、そんな時間に縛られることのないプランにして友人との笑いながら話す時間というものを大切にできたのではないかなと思います。

 

都会の賑やかな空間から少し離れるだけでも、気持ちはリラックスできるものなのだと実感もでき、ご当地の美味しいものも頂けて、とても良い1日の女子旅が出来ると思います。

コメント