2018年夏休みは家族で立山黒部アルペンルートにお出かけ!

おすすめ観光地 中部地方編

この夏の旅行を計画中のみなさん、今年は立山黒部アルペンルートを制覇しませんか。大いなる自然とそこに立ち向かった人間の偉業にふれて、明日への英気を養いましょう。

 

スポンサーリンク

立山黒部アルペンルートを越えるには

立山黒部アルペンルートを越えるには、次々と乗り物を乗り換えます。

これがなかなか楽しくて、ワクワクします。

 

富山県側から上ると、立山~美女平(ケーブルカー)、美女平~弥陀ケ原~天狗平~室堂(高原バス)、室堂~大観峰(トンネルトローリーバス)、大観峰~黒部平(ロープウェイ)、黒部平~黒部湖(ケーブルカー)、黒部ダム~扇沢(トンネルトローリーバス)と続いて、長野県側へ下ります。

一番高い所は、日本最高所2,450mの室堂です。

高原バスでは車窓に立山杉や滝や雲海などが楽しめます。

トンネル内を走るトローリーバスを降りたら、360度の大パノラマを見渡せるロープウェイです。

 

立山黒部アルペンルートまでのアクセス

立山駅から扇沢まで全長37.2km(運賃合計で8,000円を超えます。ネット予約等のお得な割引もあるようです)

 

室堂

日本最高所、標高2,450mにある駅です。

立山三山をはじめ3000m級の山々が間近に迫ってくるように見えます。

歩いて10分のみくりが池にも散策に行ってみましょう。

遊歩道が整備されているので、どなたでも行けます。湖面に周囲の風景を映しています。

日本一高所に位置する、みくりが池温泉もあります。

ターミナル前の「玉殿の湧き水」も是非飲んでみて下さい。名水百選にも選ばれている、冷たくてとっても美味しい水です。

室堂平周辺には、特別天然記念物の雷鳥が生息しているそうです。天敵の攻撃を避けるため、天気の悪い日の方が活動するそうです。運よく出会えるといいですね。

夏山とはいえ、標高が高いので、服装などは臨機応変なものにするなど用心して準備しましょう。

室堂までのアクセス

みくりが池 室堂駅から徒歩10分

みくりが池温泉 室堂駅から徒歩15分

 

黒部湖&黒部ダム

黒部湖は遊覧船で楽しみましょう。

日本で一番標高の高い湖上遊覧です。

涼しい風を受けながら、エメラルドグリーンの湖面にしばし身をゆだねてみてはいかがでしょう。

黒部湖駅から堰堤を歩いて15分、600mほど歩いてダムに到着します。

 

堰堤から見える景色がこれまた素晴らしいです。夏の黒部ダムは、水しぶきを上げながら、懸命に放水しているように見えました。太陽の光が当たって、きれいな虹がかかります。

黒部ダム建設で殉職した方々の慰霊碑があります。

「尊きみはしらに捧ぐ」と彫られています。

 

立山からアルペンルートを来て、大自然の雄々しさに感動しましたが、ここでこの慰霊碑に手を合わせたら、もっと胸にこみあげて来るものがありました。

男のロマンというか、こんなにも厳しい自然に果敢に立ち向かい、力を合わせ一大プロジェクトに携わった延べ1,000万もの人々。

 

そして亡くなった171名の方々。大いなる自然よりも、こんな厳しい自然環境のところにこんな巨大な建造物を作った人間の成したことに胸打たれました。最後に手を合わせる意味でも、立山から入って扇沢に抜けるコースをお勧めしたいです。

 

子供たちの夏休みに

アルペンルートは、観光や登山の場所としてももちろんですが、子供たちの自由研究や学習の対象としても、面白い材料が揃っているのではないかと思います。

  • 交通手段として、様々な乗り物に乗ります。その仕組みや歴史など興味深いものがあります。
  • 雷鳥や高山植物などの動植物の観察はどうでしょう。室堂駅併設の立山自然保護センターでは立山の自然についての展示や自然観察ツアーなども企画されています。
  • アルペンルートにある、日本一をチェックしてみるとかも面白いかもしれません。日本一高い所にある駅、温泉、湖上遊覧、日本一高いダムなどなど。
  • 黒部ダムについて、ガッツリ調べてみるとか。

ネタがバラエティに富んで豊かで、夏休みの自由研究の宿題も片付くのではないかと、お節介なことを考えました。

まとめ

今年の夏は、立山黒部アルペンルートで、ほかでは見られない立山にしかないものを楽しみませんか。

夏はGW程大混雑することもないので、夏休みに行くことをおすすめします!

美しい自然も、そこに人間の成し遂げたことが大きな形となってあれば、更に感動も深いものになるのではないでしょうか。旅行の予習・復習に、映画「黒部の太陽」や小説「高熱隧道」を鑑賞するのもアリかもしれません。

 

コメント