関東一のパワースポットの三峯神社は参拝できない!?その理由を写真付きで解説!

関東一のパワースポットの三峯神社は参拝できない!?その理由を写真付きで解説!おすすめ観光地 関東編

関東最強といわれるパワースポット「三峯神社」
関東に数ある神社の中で、ナンバーワンのパワースポットといわれているのが、奥秩父にある三峯神社です。
その理由は、日本神話に登場する伊邪那岐(イザナギ)、伊邪那美(イザナミ)の両神様が主祭神として祀られているから、ではありません。
その主祭神の守り神である狛犬のパワーが半端ないことで有名なんです。

スポンサーリンク

三峯神社の狛犬は犬であって、犬ではない?

三峯神社の狛犬

「狛犬」って何?そうです。
境内の入り口や拝殿の両脇に邪鬼を払うために鎮座しているあれです。

専門用語では「眷属神(けんぞくしん)」といいます。

お稲荷様では狐が狛犬として祀られていますね。
赤坂の日枝神社は、お猿さんが狛犬です。
三峯神社の狛犬は、狐でも、お猿さんでも、普通の犬でもありません。

今では絶滅したとされる日本狼が狛犬として祀られているんです。

日本狼が最後に目撃されたのが、三峯神社のある奥秩父の山奥だったそうです。
熊以外の野生動物の中で最強だった日本狼
それが「犬神様」となり、山の神の守り神となったわけです。

覚えていますか。ジブリ映画の「もものけ姫」に登場するモロ。白い狼でしたね。
犬神となり山と森を破壊する人間と対峙します。その犬神様が眷属神となったのが、三峯神社というわけです。

縁がない人はお参りできない、意外と手厳しい三峯神社様

お参りする人を選ぶ神社

そんな由来をもつ三峯神社に行ってきました。
犬神様とご縁のない方は、お参りすることはできない、といわれているんです。

よおーし、こうなったら意地でもお参りするぞ。
鳥居が見えてきたので着いた!と思いきや、なんと、ここからが神社への登り口だということ。え、まだ登るの?

案内図やナビで目的地を再度確認すると、なんと、まだまだ奥に登っていかないと神社にはたどり着けないことが判明。
渓谷沿いのハイキング専用の山道を歩くなら2時間
さすが犬神様が守る三峯神社。簡単にはお参りできないようです。
車で登っても約1時間かかります。

奥秩父のさらに奥に開かれた三峯神社。
由来によると蝦夷討伐のために関東にやってきた日本武尊(ヤマトタケル)が道に迷ってしまったそうです。
そのとき、道案内をしたのが日本狼こと犬神様でした。

日本武尊はそのお礼のため、山深いこの地に神社を開いたということです。時代は6世紀のころでしょうか。
いまでこそ道路が整備され、車やバスでスイスイと登ってこれますが、当時は歩くのみ。
「いや~よくこんな山奥に神社を祀ったもんだ」。お参りするだけでも修験道の修行のようなものですね。

境内ではたくさんの狛犬が睨みをきかせる

ようやく三峯神社に到着です。
いまでは駐車場も整備され、大型の観光バスも止まっています。
車を降り、山道を登ること5分。参道入口が見えてきました。

三ツ鳥居といわれる珍しい形の鳥居

独特な形の大鳥居が迎えてくれます。
一の鳥居です。その鳥居脇をみてください。
犬神様が狛犬となって参詣者を睨みつけています。
口には大きな牙が見えますよ。これが犬神様となった日本狼です。迫力が違いますね。

一の鳥居を抜け、さらに登ること10分。二の鳥居が見えてきました。その奥にあるのあが本殿です。
この二の鳥居脇にも別の形の狛犬が鎮座しています。さらに拝殿前にも犬神様が。

三峰神社にはたくさんの犬神様が睨みを効かせているのです。
関東有数のパワースポットといわれるもの納得ですね。

三峰神社の御札には「表」と「裏」がある

「表」といわれるお札

この犬神様に、こんなエピソードがあります(加門七海著「霊能動物館」集英社文庫刊より)。

ふもとの秩父の町で金物店を営んでいた方がいました。
度々、貴重な真ちゅうが盗まれることを気にやんだ主人は、友人から三峯神社の御札(御眷属様)が泥棒除けに効果があると聞きます。
主人は神頼みも悪くはないかと、軽い気持ちで神社に行き、宮司さんに「御眷属様をお借りしたい、裏のほうで」と申し出たそうです。

しばらく待たされたのち、宮司さんが持ってきたのは紙の御札ではなく木の箱。
箱を渡す際に「自宅に帰るまで、神社の方角を振り返ってはいけない。箱を下においてはいけない。
今日からきっちり1年後には返しに来るように」と申し渡したそうです。

主人はとんでもないものを借りてしまったと思いながらも、自宅に持ち帰り、神棚に祀りました。

それからしばらくたってから、真夜中に「ギャー」という悲鳴が工場から聞こえてきました。
驚いて覗くと、息子が腰を抜かして倒れていたそうです。真ちゅうを盗んでいたのは息子だったんですね。

主人は息子に何があったのか、何を見たのか、何度も問いただしました。それでも息子は首を横に振り、一切答えなかったそうです。

どうです?
犬神様の泥棒除けのパワーは半端ない、ようです。
そこで、私めも犬神様の御札をもらってきました。
とはいっても、こちらの御札は表の御札です。

4種類ほどのお札がありますが、狛犬となった犬神様があしらわれているお札はかなり珍しいですね。
初穂料は500円です。
裏の御札は取り扱いを誤ると、逆に災難が身に降りかかると言われておりますので、借りる場合はくれぐれもご注意を・・・。

三峰神社に来たら秩父のB級グルメ 草鞋(わらじ)カツ

わらじカツ丼

さて、お参りも終え、お札も手に入れ、目的は無事に達成。
後は、ご当地グルメを楽しむだけです。

秩父のB級グルメで有名なのが「草鞋ソースカツ丼」です。
地元秩父では有名な草鞋祭りにちなんで名づけられたカツ丼で、文字通り、草鞋のようなカツ2枚が、どんとドンブリご飯の上にのっています。

さて、どこで食べようかと、あれこれ思案しながら一の鳥居まで戻ってくると、幸運にも鳥居前の茶屋に草鞋ソースカツののぼり旗が翻っているではありませんか。
これも犬神様の思し召し?

さっそく、茶店に飛び込み注文。
どんぶりからはみ出す大判の草鞋カツにかぶりつき、がつがつと食べる姿は、まるで犬神様が乗り移ったよう?
このあとは御眷属様に追いかけられることなく、無事に帰途に就いたのでした。

「三峯神社」

住所:埼玉県秩父市三峰298-1
電話:0494-55-0241
アクセス:
・関越自動車道・花園ICより国道140号線、皆野寄居バイパス経由で約2時間
・中央自動車道・甲府昭和ICより国道140号線、雁坂トンネル経由で約2時間半
・特急レッドアローで「西武秩父駅」、そこから三峯神社行き急行バスで 約1時間30分もしくは、「御花畑」から秩父鉄道に乗り換え終点の三峰口駅へ、西武バスで三峯神社へ
・JR高崎線で「熊谷駅」、そこから秩父鉄道に乗り換え終点の三峰口駅へ、西武バスで三峯神社へ

三峯神社周辺のおすすめ観光スポット

道の駅「大滝温泉・遊湯館」

山梨県からの入口にあたり、埼玉の秘境「秩父」への入口に位置する道の駅。ナトリウム・塩素・炭酸水素・メタホウ酸の各イオン成分が豊富に含まれる大滝温泉は、「熱の湯」とも呼ばれ、美肌にも効果があるとか。日帰り入浴が楽しめる温泉施設「遊湯館」やレストラン、お土産ショップ、を中心にお食事処や特産品販売センター、大滝歴史民俗資料館があります。

住所:埼玉県秩父市大滝4277-2
開館時間:10時~20時(4月~11月)、10時~19時(12月~3月)
※木曜、年末休み
アクセス:
・萬蔵稲荷神社より車で約30分
・関越自動車道花園I.Cより国道140号利用約 50km
・山梨県甲府より国道140号利用 雁坂トンネル経由 約70km
・秩父鉄道 三峰口駅より西武観光バス利用「大滝温泉遊湯館」前下車

大島屋

三峯神社正参道にある草鞋ソースカツ丼が食べられるお店。西武鉄道のCMでタレントさんたちがカツ丼を食べてたのはこのお店だそうです。秩父名物のみそおでんやくるみ汁ざるそば、川魚など、豊富なメニューをそろえているのでおすすめです。

住所:埼玉県秩父市三峰三峰297−2
電話:0494-55-0039
営業時間:10:00~16:30(不定休)
アクセス:
・三峯神社駐車場から徒歩2分

コメント